愛知県名古屋市緑区|税理士・会計事務所
愛知県名古屋市緑区の税理士|税理士法人寺尾会計事務所

全メニュー

コラム

2020.09.14

社長応援日記

中小企業の事業承継:事業を存続させるか?

事業承継を考えるにあたって、まず最初に考えていくことは
「ご自身の勇退後も事業を存続させるか」です。


・事業が継続してほしいと強くは願っていない。
・後を継ぐ意思のあるヒトがいない。
・現在の事業経営や将来の見込みが芳しくない。

このいずれにも該当する場合には、事業承継でなく、
勇退計画を立てていくことになります。

勇退計画には、退職金や解散の準備、セカンドライフの資金繰り計画があります。

逆に、
・事業が継続してほしいと強く希望する
・後継者がいる
・事業経営がうまくいっている

このいずれかに該当する場合には、事業承継の対策をしていくことになります。

事業承継はすべての会社において同じ流れで進むわけではありません。
しかし、次の5点については絶対に検討していくこととなるポイントであるように思います。

<経営権移譲>
① 後継者(候補)の選定
② 後継者の育成
③ 内外関係者への周知・理解
④ 分散株式の整理

<遺産承継>
⑤ 後継者への株式・財産移転

お問い合わせ

お問い合わせフォームまたは
お電話よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL.052-622-2279